5月の行事イベント

浅草神社2017年の三社祭の宮出し日程は?見学はどこでするのがオススメ?

毎年、大賑わいの三社祭。法被を着た氏子衆が神輿を担いで練り歩く姿は、迫力満点です。

浅草神社と同じ敷地に、観光スポットの浅草寺があるからか、外国人の見物客も多いんだとか。見逃せないこのお祭り、2017年はいつから開催されるのでしょうか?

スケジュールと当日の交通規制等についてまとめました。

2017年三社祭の日程

今年の三社祭は5月19日~21日の期間で行われます。金曜日から日曜日までですね。

5月18日(木曜日)

19:00 本社神輿神霊入れの儀

…この儀式により、浅草神社の御神霊をお神輿にうつします。

5月19日(金曜日)

13:00 大行列

14:20 びんざさら舞奉納

…この「びんざさら舞」は無形文化財。

五穀豊穣や商売繁盛、子孫繁栄を祈って舞う、田楽の一種です。

15:30 各町神輿神霊入れの儀

…御神霊を各町内会のお神輿へうつします。

5月20日(土曜日)

10:00 例大祭式典

正午  町内神輿連合渡御

…「渡御(とぎょ)」はお神輿が進むこと。

各町内会のお神輿が、およそ100基も見られるそう。

16:00 奉納舞踊

17:00 巫女舞奉奏

5月21日(日曜日)

06:00 宮出し/本社神輿各町渡御/宮入り

…「宮出し」とは、お神輿が境内を出ることを指します。

この宮出しは本社のお神輿3基が進むさまを見られるため、三社祭の最大の

見せ場という人もいるほど盛り上がるそうです。

お神輿が境内に戻る「宮入り」のあとは、本社神輿御霊返しの儀を行い、

お神輿にうつした御神霊を本殿に戻します。

それにしても、朝6時からなんて…早起きしないといけませんね。

14:00 巫女舞奉奏

15:00 奉納舞踊

16:00 太鼓奉演

三社祭期間中の交通規制は?

5月21日の日曜日には交通規制のかかる道路があります。最終日でもあるこの日は、11時から18時までお祭り広場が開かれています。

開催場所は雷門通りから馬車通りまで。実際に通行禁止となるのは、雷門通り・馬車通りに加え、並木通りも含まれます。

人通りが多くなっている時期でもあるので、三社祭期間中は迂回路をオススメします。

三社祭にはどうやって行けばいい?

もっとも便利なのは地下鉄。出口から地上に出たら、雷門をめざして歩きましょう。

<東京メトロ>

銀座線 浅草駅 で下車→1番出口

<都営地下鉄>

浅草線 浅草駅 で下車→A5出口(A4出口でも可)

当日のタイムテーブルをチェックしたら、混雑することも考えて若干早めに出発するとスムーズです。

大人気の催しなので、人ごみでも歩きやすい靴で出かけましょう。また、貴重品は小さめのポーチに入れ、肌身離さず身につけるようにすると安心ですね。

よく“荒々しい”と言われる三社祭ですが、荒っぽいぶん見応えは十分。他のお祭りではなかなか味わえない空気を感じることができます。