5月の行事イベント

5月人形はいつから飾る?また誰が買うのか?初節句の兜や鎧!

毎年こどもの日が近付くにつれ、見かける機会の増える5月人形。デパートなどでは専用の売り場が作られていますし、おもちゃ屋さんでも売られていますね。

昔は立派な兜をかぶり、キリッと凛々しい顔をしたものが多かったように思いますが、最近では子どもに人気のキャラクターを使った5月人形もあるようです。この5月人形について調べてみました。

5月人形のルーツは武家社会にあり

5月人形と聞いて思い浮かぶのは、頭にかぶった兜と、身につけた鎧。まるでこれから戦にでも出かけるような格好ですが、それもそのはず、5月人形が生まれたのは武家社会のある風習がきっかけでした。

武家社会では、戦で身を守ってくれる鎧と兜を飾ったり、神社に奉納して戦の無事を願うという風習がありました。鎧と兜をただの道具としてだけでなく、象徴的なアイテムとして扱っていたんですね。

その後、江戸時代に入ると、この風習は庶民の人々にも広まっていきます。「戦から無事に帰還できるように」というよりは、この頃には単に「身の安全を守る」という意味合いが強かったのでしょう。

そして、兜のてっぺんには神様が降りてくる目印にと人形が飾られていたのですが、時代を経るにつれこの人形だけが独立し、5月人形ができあがったというわけです。

5月人形には鎧や兜など色々と種類がある

5月人形はいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。まず「鎧飾り」「兜飾り」と言われるものは、名のある武将にちなんだ鎧や兜をモチーフに作られており、豪奢で見栄えが良いと言われています。

「子供大将飾り」や「童人形」は、親しみやすく可愛らしい表情が魅力。この「童人形」は桃太郎などの童話からデザインされているものもあり、勇ましさは少ないものの見ていて飽きません。

初節句の時には誰が買うのか?

そして気になるのが初節句の時には誰が買うのか?という問題ですね。両家の話し合いで決めたり、本人たちの都合で買えばいいとは思うのですが、一応一般的な慣習としては奥様方の実家が揃えることが多いようです。

これは雛人形の時も同じようですよ。ただこれも地域差などがありまして、例えば関東では男の子の節句の時には父方で用意したりすることもあるので、自分たちの地域で考えればよいですし、お爺ちゃんやおばあちゃんに聞いてみるのもよいかもしれませんね。

結局どれを買えばいい?

特に男の子が生まれた家庭では、初節句を前に5月人形の購入を検討するのではないでしょうか。まず条件として考慮すべきは予算ですが、それ以外でかなり重要なのが大きさです。

「鎧飾り」などは見た目もよく立派ですが、そのぶん飾るために広いスペースを必要とします。また、5月人形は一年中飾るものではありませんから、収納する場所も確保しなければいけません。

「子供大将飾り」「童人形」は可愛らしい見た目のため子どもが怖がらず、リビングに置いても浮きません。しかし、5月人形と聞いて勇ましい鎧と兜を連想する人は違和感を覚えるかも。

いつから飾ればよいのか?

そして購入した5月人形ですが、一体いつから飾ればよいでしょうか?あまりにも早すぎると気が早すぎると思われますし、遅すぎても飾る時期が短くなりすぎますよね。

一般的に多いのは、3月中旬頃から4月中旬頃に飾ればよいとされていますが、3月中旬はあまりにも早すぎという気もしますが(笑)

ただ遅くとも4月29日の昭和の日ごろまでは飾っておきたいと思います。ゴールデンウィークの間は飾っておきましょう!

それぞれに特徴がある5月人形ですが、購入の際は家族、そして可能なら主役である子どもの意見も取り入れて買えれば一番よいですね!