プロ野球

阪神小野泰己投手の評価や球種は?ドラフト2位で現在の成績は?

阪神タイガースが交流戦に入っても好調をキープし、現在もセ・リーグで2位につけています。

前年優勝の広島東洋カープとの一騎打ちの様相を呈してきましたが、先発投手がもう少ししっかりしてほしいですね。

現在まだ未勝利ですが、すでに初先発を果たしています小野泰己投手の評判が今でもなお高いです。小野投手について調べました。

小野泰己投手のプロフィール

生年月日  1994年5月30日(23歳)

出身地   福岡県北九州市

出身高校  折尾真愛高校→富士大学

身長    184センチ

体重    75キロ

入団    2016年ドラフト2位

背番号   28

福岡県出身の小野投手ですが、折尾真愛高校という全国的には知名度の低い学校に行っていました。事実上2年生からエースだった小野投手は高校時代にもプロ志望届を提出していたのですが、指名がかからずに富士大学に進学します。

富士大学という大学は近年、ドラフトでも指名される大学になりつつあるという認識を持っています。北東北大学リーグに所属していますね。

大学入学後は、3年の秋季リーグ、そして4年の秋季リーグはともに全勝で負けなしといった活躍をし、さらにMVPとベストナインを獲得しています。

そして迎えた2016年のドラフト2巡目で阪神タイガースに指名されて入団しています。

小野投手の契約金と年俸は?

小野泰己投手はドラフト2巡目での入団ですので、契約金及び年俸はかなりの水準ですね。契約金は7000万円で年俸は1200万円という条件でした。

ドラフト1位の選手は大体契約金1億円が多いのですが、2巡目でもかなりの金額がもらえるんですね!

また即戦力というわけで取ったこともないのでしょうけど年俸は1200万円という高額な設定になっています。

2017年 1200万円

2017年6月5日現在、初勝利はまだですがこのままローテーションに残ることができれば自然と勝ち星はついてくると思いますのでそうなれば年俸もアップすると思いますよ!

小野投手の2017年の成績は?

2017年の5月にプロ入り初登板を果たした小野投手ですが、現在のところ3試合に先発していますね。

年度  勝利 敗戦  防御率 投球回数
2017    0   1     7.53   14.1
(2017年は6月5日現在)

3試合目となった対日本ハム戦では7回を2失点と上々の投球を見せました。変化球でストライクを取れるようになったのが大きいですね。

今後のチャンスももちろんあると金本監督は明言されていますので、今度の登板ではぜひとも初勝利を挙げてほしいですね!

小野投手の評価は?

小野投手といえば、キャンプの時点からかなりの評論家に高い評価を受けていました。

中でも元中日ドラゴンズの山本昌投手からは、かなり絶賛されていた覚えがありますね。

参照:THE PAGE

現状はまだ変化球の精度の問題がありますし、まだ1年目ですから今後どのように成長していくかわかりませんが、大化けする可能性はプロの目から見てもあるように思われています。

阪神には同級生で藤浪晋太郎投手がいますので、お互い意識しあって高めていってもらいたいところですね!

小野投手の球種は何がある?

小野投手のストレートはキャンプの頃からかなり絶賛されていて話題になっていましたが、変化球はどんなものがあるのでしょうか?

球種でいうと、スライダーとフォークを持っているようですね。

本当に時折カープもあるようですが。もし背番号28の前任者である福原投手のカーブを身につけたらかなりの武器になると思うのですが…

参照:yahoo

スライダーとフォークですと、あまり緩急の面で差がつきにくいので緩い球が放れるようになると勝てる投手になるのではないでしょうか?

現在背番号は福原投手がつけていた「28」を付けています。福原投手のように息の長いピッチャーになっていってもらいたいですね!

まずはプロ入り初勝利を早くあげることを祈っていますよ!