プロ野球

阪神梅野隆太郎選手の成績や年俸は?結婚してノムさんに師事とは?

これまでは打力を買われることはあっても、守備を評価されたことはプロに入ってほとんどなかった梅野隆太郎選手。

2017年の阪神タイガースの躍進を支えているのはこの人の力も大きいと思います。それが今年ようやく正捕手として定着している梅野隆太郎について調べてみることにしました。

梅野隆太郎選手のプロフィール

生年月日  1991年6月17日(26歳)

出身地   福岡県

出身高校  福岡工大城東高校→福岡大学

身長    173センチ

体重    76キロ

入団    2013年ドラフト4位

福岡県出身の梅野選手ですが、高校は福岡工大城東高校から福岡大学に進学しています。高校時代の後輩には現在阪神タイガースに在籍している中谷将大選手がいますね。

阪神タイガース中谷将大選手の成績や年俸は?長距離砲として覚醒した?

そして梅野選手は大学時代には全日本大学選抜の4番を任されるほどの長打力の持ち主だったんですね。

そして2013年のドラフト会議で4位指名されて阪神タイガースに入団します。

全日本の4番で捕手が4巡目まで残っていたのが驚きですが、この時の契約金は5000万円で4位の選手にしてはなかなかの評価だと思いますね。

梅野選手の年俸は?

梅野選手は2013年に入団されていますので年俸を受け取っているのは2014年からになりますね。

ルーキーイヤーに92試合の出場を果たした梅野選手。打率は低かったものの本塁打数が7本でかなりの長打力を見せつけた格好になりました。

当然そうなれば翌年の年俸は一気に倍増を更に上回る1800万円に。

しかし、2015年と2016年は成績が下降してそれに応じるように年俸も下がっていきました。2014年からの年俸推移を見ていきましょう。

2014年 840万円
2015年 1800万円
2016年 1500万円
2017年 1350万円

そして背水の陣として挑んだ2017年見事開幕マスクをかぶることに。今の調子で試合に出続けますとかなりの年俸アップが期待できるのではないでしょうか。

梅野選手のこれまでの成績は?

梅野選手はルーキーイヤーである2014年、すぐに捕手として出場しています。この時は主に打力を買われていた印象が強いですね。

その当時の彼の持ち味といえば力強いバッティングでした。2014年は実に7本の本塁打を放っています。

しかしその後は出場機会に恵まれないことが続きました。毎年の成績を見ていきましょう。

年度  試合数  打率  打点 本塁打
2014   92   .197  21   7
2015   56   .239  18   4
2016   37   .135  4     0
2017           39            .178  15          1 

2017年は5月23日現在での成績ですので、まだまだ試合数や打点の上積みは期待できますね。

ただ梅野捕手は盗塁阻止率が現在のところリーグナンバー1の数字を残していますので、守備面での貢献はかなりあります。

2017年は本塁打以外、キャリアハイにはる可能性はかなり高いですね。

梅野選手は結婚している?

梅野選手は2017年の3月に結婚したことが阪神球団より発表されています。

年齢は梅野選手よりも年上とのことだそうです。美容師だった彼女と2016年の春から一緒に暮らしていたようでして、3月21日に婚姻届を出したそうです。

この3月21日というのは、梅野選手にとって意味のある日。お母様の誕生日のようです。でもお母さんは若くして(享年34歳)おなくなりになっています。

このお母さんが亡くなられる際に、ご主人、つまり梅野選手のお父さんに「隆太郎をプロ野球選手にして…」と想いをご主人に託したエピソードがあります。

こういうことがあってお母さんの誕生日を大事に思っている梅野選手。ちょっと選手を見る見方が変わりますね!

梅野選手はノムさんに教えてもらった?

これは野村克也さんがおっしゃっていたことなのですが、梅野捕手はノムさんに配球を教えてもらいに行っていたようです。

何のツテもないところから急に来た、と言われているのですが、元阪神タイガースの監督をされていたわけですから、何かしらコンタクトを取る方法があったと思うのですが。

いずれにせよ、そこまでして捕手として成長したいと思った梅野捕手にはこれからも日々精進で頑張って欲しいですね!

また今年覚醒したと言われている秋山拓巳投手とは同級生になります。他にも岩貞投手などもいますので、これくらいの年の選手が活躍してくれるとチームが強くなりますね!

阪神タイガース秋山拓巳選手は覚醒したのか?これまでの成績や年俸など

後もう少し打ってくれれば…というのはちょっと今年は欲張り過ぎな気がしますので、今年は守りでチームに貢献してもらいましょう!