5月の行事イベント

2017年神田祭の日程と見どころ!江戸三大祭で日本三大祭りのひとつ!

神田祭といえば、千代田区の神田明神で行われるお祭り。「山王祭」「深川八幡祭」と並んで江戸三大祭に選ばれています。

江戸時代から続く由緒正しいこのお祭り、毎年たくさんの人で大賑わいですよね。2017年の神田祭の日程と、見どころについてまとめました。

2017年 神田祭の日程詳細

5月11日(木曜日)

19:00 鳳輦神輿遷座祭(ほうれんみこしせんざさい)

…本殿から御神霊を鳳輦・神輿にうつします。

5月12日(金曜日)

夕方  氏子町会神輿神霊入れ(うじこちょうかいみこしみたまいれ)

…108ある町会が持つ200基の神輿に、明神様の御神霊をうつします。

5月13日(土曜日)

終日  神幸祭(しんこうさい)

…鳳輦や神輿、山車などが下町を巡る圧巻の大行列です。

2年に一度しかやらないので、今年見られなかったら再来年まで待つことに。

5月14日(日曜日)

終日  神輿宮入(みこしみやいり)

5月15日(月曜日)

18:00 明神能・幽玄の花(みょうじんのう・ゆうげんのはな)

…境内にある特設の舞台で披露される能。

5月16日(火曜日)

11:00 献茶式

…お茶は明神様に奉納されます。

千家家元の袱紗さばきを見守る観客たちも、着物のご婦人ばかり。

由緒正しいお茶の歴史を感じますね。

5月17日(水曜日)

14:00 例大祭

…いよいよ神田祭もフィナーレ。

日本の繁栄と、氏子たちの安全を願います。

2017神田祭の見どころは何?

一週間にわたり開催される神田祭ですが、見どころは何なのでしょうか?よく挙げられるのは4日目の「神輿宮入」。

各町会の氏子たちが、掛け声とともに神輿を境内に担ぎ入れます。これが朝から晩まで続くというのですから、おどろきですね。

神輿は境内に参拝したあと、町内へ向かいふたたび練り歩きます。

町会ごとにおそろいのはっぴを着て、掛け声をあげながら神輿を担ぐようすは、まさにお祭り!といったところ。

神田明神の周辺でスタンバイしているとすべての神輿を見られるため、毎回大混雑となります。

本郷通りのあたりは撮影スポットとしても知られており、見物人たちの脚立で身動きがとれない状態に。

神輿宮入を見るなら、早めに準備をして出かけたほうが良さそうです。

大混雑の神田祭、注意点は?

有名なお祭りゆえに、毎年たくさんの人出がある神田祭。街中を練り歩く「神幸祭」や、町会の神輿が見られる「神輿宮入」はとくに混雑します。

まずヒールのある靴は避けましょう。歩きづらいですし、周囲の人の足を踏んでしまいトラブルに発展する可能性も。

また「明神能」などの観覧は予約制となっています。毎年すぐにチケットが完売するそうなので、手に入れられなかった人は当日券をチェックしてみましょう。