5月の行事イベント

こどもの日に食べる料理は?柏餅やちまきを食べるのはいつから?

毎年こどもの日は5月5日でゴールデンウィークの最後の方ですね!そんなこどもの日に食べるものについて少し調べてみました。

こどもの日に食べる料理と言えば?

5月5日のこどもの日。端午の節句とも呼ばれるこの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として法律で定められています。

なんだか堅苦しい感じがしますが、要するに「こどもが元気に成長するように願う日」といったところでしょうか。

祝日でもあるこの日、家族で食卓を囲む人も多いと思いますが、こどもの日ならではの定番料理があることはご存知でしたか?

子孫繁栄を祈って食べる「柏餅」

柏餅とは、上新粉を使ってできたお餅であんこを包み、さらにその上から柏の葉を巻いた和菓子です。「つぶあん」や「こしあん」ではなく、「味噌あん」が中に入っていることもあります。

なぜこどもの日に柏餅を食べるかと言うと、理由は柏の葉にあるんです。柏の葉は、新しい芽が出るまで古い芽が落ちません。

このことから新芽を子、古い芽を親に例え、柏の葉が「一族が絶えることなく繁栄する」という意味を持つ縁起物になりました。私も柏餅は好きですが、こんな意味があったとは…ありがたい和菓子だったんですね。

厄払いのために食べる「ちまき」

もう一つ、こどもの日に食べる料理と聞いて、ちまきを思い浮かべた人もいるのでは?

ちまきは、お餅やもち米を三角にし、笹の葉や茅で包んだあとイグサで縛ったものを指します。鶏肉を入れたり、海鮮風味にしたものもあり、バリエーション豊かで柏餅に負けず劣らず美味しい食べ物です。

このちまき、ルーツは中国にあると言われています。大昔の戦国時代に、民から愛された一人の詩人が入水自殺をしました。

その死を悲しんだ人々は、詩人の遺体が魚に食べられぬよう笹の葉で巻き、魚にはもち米を与えたそうです。

詩人の死は5月5日の出来事。そして笹の葉が「災難や病気を遠ざける」と信じられているため、厄払いの意味を込めてこどもの日にちまきを食べるようになったのでした。

他にもある!こどもの日に食べたい料理

柏餅やちまきの他にも、いわゆる「出世魚」と呼ばれるブリなども縁起物として喜ばれています。これはその名の通り「出世して立派な人間になるように」という願いが込められています。

また「健やかにまっすぐ育つように」とタケノコ料理を食べることもあるとか。何かと縁起の良いことをありがたがる、日本人らしい発想と言えるかもしれませんね。

いずれにせよ、5月5日はこどもたちがすくすく成長するよう願う日です。立派な鯉のぼりを飾り、美味しくて縁起の良い料理をたくさん食べたいものですね。