ファッション

子供の浴衣着付けについてご紹介!ポイントは帯にあり!?

お祭りに花火大会に…と、楽しいイベントが目白押しの夏。浴衣を着る機会も増えますよね。

子供のいる家庭では、イベントに連れて行く時に着せるキッズサイズの浴衣を用意してあるのでは?子供の浴衣姿というのはいつ見てもかわいいものですね。

しかし、「大人用の浴衣はわかるけど、子供が着る浴衣って詳しくないんだよね」というお父さん・お母さんも多いはず。

正しい浴衣の着方とは?男と女で違う?ワンタッチ帯が便利!

そこで、今回は子供用の浴衣を着付ける方法や、可愛く着せるためのポイントをご紹介いたします!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

子供の浴衣は大人用と何が違う?

子供用の浴衣は、いくつか大人用と異なる部分があります。
もちろん一番の違いはサイズですが、それ以外を具体的に見ていきましょう。

・衣紋を抜かない

大人の女性が浴衣を着るとき、首の後ろあたりに拳ひとつ分ほどのスペースが空いていますよね?あれが「衣紋を抜く」という状態。

子供の場合は、首の後ろに空間がありません。また大人でも、男性は衣紋を抜かずに着ていますね。

ちょっと暑そうですが、子供に浴衣を着せるときは衣紋を抜かなくていい!と覚えておきましょう。

・おはしょりが縫い付けてある

大人が浴衣を着るときには、着付けの段階で腰の部分におはしょりを作ります。ところが、子供用の浴衣はこのおはしょりがすでに縫い付けてあるのです!

販売されている浴衣のほとんどは、おはしょりと肩まわりが調整済み。たしかに、子供におはしょりを作っても、走り回るうちにどんどん着崩れてしまいそうですよね。

そして、このおはしょりと肩まわりの縫製は、糸を抜いて縫い直すことで子供が成長しても同じ浴衣を着続けられるのだとか。便利ですね!

「もうサイズが合わないから、この浴衣は捨てちゃおう」となる前に、縫い直して着られないか確認してみてください。

「兵児帯」で可愛らしさを

子供がつけるのは「兵児帯(へこおび)」。ふわふわしていて、大人用の帯よりもずっと軽いのが特徴です。

特に女の子の兵児帯は、ボリューム感があって可愛らしいデザインのものが増えています。

・フリルタイプの帯

最近では、大人の女性用浴衣に兵児帯を付けてアレンジするのが流行っているそうです。フリフリしているのはやはり大人にも人気なのですね(笑)

しっかりした縫製のものを手に入れれば、子供が大きくなってもアレンジ用として使えるかもしれませんね。また、お母さんと子供で同じデザインの兵児帯を購入し、おそろいで付けるのも素敵です。

子供の浴衣を着付けてみよう!

子供用の浴衣は、大人でいうところの「腰紐」がすでに付いています。着付けの手順を確認しましょう。

1.正面から見て左側の紐を右脇の穴に通し、後ろで右側の紐と交差させます。

2.背中のシワを取り、衿元を合わせてから、腰紐を前で結びます。お腹の下あたりで結ぶと着崩れません。←ここがポイントです!

3.兵児帯を縦に折り、帯板となる厚紙や新聞紙を入れます。大人が使う帯板だと締めつけすぎてしまうため、代用品を使いましょう。

4.お腹に帯板部分が来るようにしたら、交差させながら巻きつけます。

5.後ろでちょうちょ結びをしたら完成!

帯の結び方については、こちらの動画が参考になりますよ。

おわりに

参考になりましたか?

子供用の浴衣は、軽くて着付けがしやすいものがほとんど。これなら、自宅で簡単に着せられそうですね。

私も子供の頃は祖母と母に着付けてもらい、盆踊りに出かけたものです。

今回はもっとも簡単な帯の結び方をご紹介しましたが、凝った結び方や、ワンタッチで付けられる子供用の帯もあるようです。

帯が華やかだと目を引きますよね。ぜひ、子供に似合う浴衣や帯を探してみてください。