5月の行事イベント

鯉のぼりはいつから飾る?室内用でおしゃれな人気のものは?

空に鯉のぼりが泳ぎ始める4月の終わり。5月5日のこどもの日に向けて、あちこちで鯉のぼりがあげられます。お店だけでなく、個人でも大きくて立派な鯉のぼりをあげている家がありますよね。

でも、どうしてこどもの日に鯉のぼりをあげるのでしょうか。ほかの魚ではダメなのか、飾る理由は何なのかまとめました。

鯉のぼりが「鯉」である理由は登竜門と関係が??

「登竜門」という言葉があります。成功への糸口や関門を指すことわざですが、この語源となった故事と鯉のぼりが大いに関係しているのです。

中国の黄河上流に「竜門」という流れの激しい滝があり、のぼり切った魚は竜になるとされていました。そして、その滝をのぼり切った一匹の鯉が竜となり、空へ昇って行ったという伝説があります。

これにちなんで鯉のぼりは「難しい局面を突破し、立身出世を願う」という意味がこめられたわけです。

立身出世を願う鯉のぼり

日本で鯉のぼりがあげられ始めたのは、江戸時代の頃。もともと武家社会では、男の子が生まれたお祝いに幟を立てる風習がありました。江戸の庶民たちはこれを真似して、男の子の立身出世を願い、鯉のぼりをあげるようになったそうです。

現代の鯉のぼりは、ほとんどが黒色、赤色、青色で構成されていますよね。黒色の鯉は、大正時代にできた真鯉と呼ばれるものです。明治時代には赤色の緋鯉、昭和に青色の子鯉が誕生し、今日の一般的な鯉のぼりが完成しました。

鯉のぼりを飾りたい!

さて、いざ自分の家で鯉のぼりをあげようとしても、一体いくらかかるのでしょう。大きい鯉のぼりだとさぞ高いんだろうな…と思いきや、5メートルもある鯉のぼりで3万円~4万円ほど。

私は子どもの頃から「大きい鯉のぼりをあげている家はとんでもないお金持ち」というイメージがあったので拍子抜けでした。

しかし、あまり大きな鯉のぼりは収納にスペースをとりますし、何より広い庭がないと不可能でしょう。マンション住まいでベランダもなければ外に飾ることすら難しいです。

ただ、今は室内で飾ることができる小ぶりの鯉のぼりや、吊るすタイプのおしゃれなものがたくさん売られています。たとえ小さくとも、こどもの日には目につくところに飾るのにおしゃれな鯉のぼりを見ていきましょう!

室内用やベランダ用のおしゃれな鯉のぼりの値段は?

庭にポールを立てて大きな鯉のぼりを立てるとなるとかなり金額的にも大きくなりますが、室内用やベランダの一角に飾るくらいのものであれば、比較的お安いものもありますね。

ただ世間一般の相場というものが気になると思いますので、売れ筋ランキングなどでよく売れている価格帯というのは下記のようになります。

室内用     3,000円~5万円  人気の売れ筋は1万円~3万円
ベランダ用   1万円~10万円  人気の売れ筋は3万円くらい

楽天でもこれくらいの金額帯のものがやはりレビューも多く購入している方が多いようです。


初節句の御祝に♪当店人気の室内用こいのぼり★ちりめん雄々鯉のぼり【送料無料】

もちろん各家庭ごとに予算があると思いますが、やはりレビューの多い人の意見は参考になりますよね!

ご家族みんなで楽しめるこどもの日にしてもらえるためにも室内用の「鯉のぼり」を一つ飾っておき、柏餅やちまきと一緒に食べると雰囲気がなお一層でると思いますよ!

こどもの日に食べる料理は?柏餅やちまきを食べるのはいつから?

2017年のこどもの日に向けてきっちりと準備してくださいね!