美容

胸の谷間が臭いのはブラジャーのせい?原因と対策について

汗をかいたときにふと下を向いて、汗臭いような何とも言えないニオイがしたことはありませんか。

 

ワキや頭皮の汗対策は完璧でも、胸の谷間のケアはなかなか思いつきませんよね。

 

じつは、胸の谷間が臭くなるのにはいくつかの原因が考えられます。

 

身体を清潔に保つためにも、心当たりがある人は改善していきましょう。

下着に雑菌が繁殖している

まず考えられる原因は、つけている下着に雑菌が繁殖し、そのニオイが肌に移ってしまっていること。

 

下着を洗濯したとき、完全に乾いていないものを取り込んではいませんか。

 

「だいたい乾いているから大丈夫だろう」と取り込んでしまうと、生乾きのイヤなニオイが発生しやすくなります。

 

洗濯機から出したらすぐに干し、できれば日光に当てましょう。もしくはお風呂場などの乾燥機能を使って、一気に乾かします。

 

最近は生乾き臭に強い柔軟剤もありますね。部屋の日当たりが悪かったり、乾燥機能を使えないときは柔軟剤を変えてみるのも手でしょう。

 

 

また、下着にはパッドが入っています。分厚いパッドが入っている下着をつけている人もいるでしょう。

 

胸をきれいに見せるためには必需品のパッドですが、汗を吸収しやすいというデメリットがあります。

 

汗が染み込み、さらに衣服の中で温度が上がるため、雑菌が繁殖しやすくなるのです。

 

ちょっと手間ですが、下着を洗濯する際はパッドだけ取り出して手洗いし、下着本体と別々に干しておくことをおすすめします。

胸のアポクリン汗腺から汗が出ている

「アポクリン汗腺」といえば、ワキガの原因となる汗腺のこと。耳にしたことがある人も多いでしょう。

 

じつはこの「アポクリン汗腺」、ワキだけでなく胸にも存在しているのです。

 

ワキガと同じく、汗腺の数は遺伝などによって決まります。そのため、ニオイがするかどうかも人それぞれ。

 

ですが、胸の谷間が臭くなるという人は、胸周辺の「アポクリン汗腺」が発達している可能性があります。

 

本来、汗は無臭なもの。ほとんどが水でできており、臭くないはずなのです。

 

ところが「アポクリン汗腺」から出る汗は違います。ワキガのニオイを想像すればわかるのですが、アンモニアや脂質が含まれていて独特なニオイがします。

 

胸周辺の「アポクリン汗腺」が発達することはあまりないと言われていますが、可能性のひとつとして覚えておくべきでしょう。

きちんと洗えていない

そのほか、たんに胸のあたりをきちんと洗浄できておらず、皮脂が原因で臭くなっているケースも。

 

私も手足は一生懸命洗うものの、胸のあたりはさっと流す程度になってしまうことがあります。

 

そうではなく、スポンジやタオルをくるくると回すように動かして洗うと効果的ですよ。

 

胸の周辺は蒸れやすく、あせもができやすい箇所でもあります。

 

お風呂で洗ったあとはやさしく水気を拭き取り、クリームなどで保湿しましょう。あせもや湿疹ができていたら、早めに薬をつけて治しておきたいですね。

おわりに

ふだんあまり気にしない、胸の谷間のケア。ですが、薄着になったとき谷間が臭いのは問題ですよね。

 

・下着に繁殖した雑菌

・胸のアポクリン汗腺から出た汗

・十分に洗えていない

 

…と、これら3つ原因を挙げてみましたが、当てはまるものはありましたか。

 

下着を長いこと変えていないという人も要注意。

 

つけ心地のいい下着は手放すのが惜しいもの。

 

しかし「もったいないから」と使い古した下着を使っていると、蓄積された汚れで雑菌がどんどん繁殖します。

 

肌に直接触れる下着は清潔に、そして肌自体も毎日きれいに保ちましょう。

 

胸の谷間のニオイに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。