福岡中州から近くの初詣スポットは?おすすめの3つの神社を紹介!

去年1年間の感謝や、新年の無事をお祈りする初詣。

年が明けたら家族そろって初詣に出かける!という人も多いのではないでしょうか。

またカップルでいたり、友人同士でこれから行こう!となる人も。

今回は、福岡中州から近くでいける初詣スポットについて紹介します。

スポンサーリンク

櫛田神社

博多の人々から、親しみをこめて「お櫛田さん」と呼ばれている神社です。

なんといっても、櫛田神社は博多の鎮守社。博多のマチを守護している神様がいらっしゃるところなので、ここで初詣をするとかなりのご利益がありそうですよね!

初詣は1月1日~3日まで、期間中は終日参拝することができます。

札所は1月1日の9時~18時まで空いているそうなので、御朱印がほしい人は時間に注意して向かいましょう。

櫛田神社といえば「福みくじ」。1回500円のおみくじで、普通のおみくじと一緒に景品がもらえます。運がよければ「お年玉賞」として、商品券や旅行券が当たるんだそう。

実際に引いた人の口コミを見てみると、

・カップスープやノートが当たった

・5000円分の商品券が当たった

などの声が…。これはぜひ挑戦してみたいですね。

福岡中州から櫛田神社までは、歩いて7分ほど。

新橋通りを、祇園方面へまっすぐ進むとわかりやすいと思います。

◇櫛田神社

住所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41

TEL:092-291-2951

警固神社

三越や大丸、ビックカメラに近く、初売りの帰りに立ち寄れる警固神社。

近年はパワースポットとして名を馳せています。

警固神社の始まりは西暦200年ごろとも。

日本書紀や古事記に登場する神功皇后が、新羅・百済・高句麗を制圧した、いわゆる「三韓征伐」の際に皇后を守護したのが警固大神といわれています。

パワースポットと呼ばれているのも納得ですね。

警固神社で初詣をするなら「一文字流し」をやってみましょう。

これは悩み・願いを一文字で書き、水につけて流すというもの。

100円で紙をもらい、字を書いた部分をちぎって水に流したら、もう一方は1年間大切に持っておきます。

例を挙げると、

「痛」…身体の痛みが消えるように

「災」…事故がないように

などなど。

どんな文字にするか迷ってしまいますね。紙をもらったらすぐその場で書かなければいけないそうなので、事前に文字を考えてから向かいましょう!

福岡中州からは1kmの道のり。歩いて12分です。

福博であい橋を渡り、天神中央公園を通っていくと近いですね。

◇警固神社

住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20

TEL:092-771-8551

スポンサーリンク

住吉神社

日本全国に2000社以上もあるといわれる住吉神社。

たしかに、よく聞く名前ですよね。

このうち全国の住吉神社の総本社が大阪なのですが、もとをたどれば福岡の住吉神社が始まりである、という説があるんです。

福岡中州からは1.5kmと多少距離はあるものの、歩いても20分弱。

じゅうぶん徒歩で移動できる距離ではないでしょうか。

中心部から少し離れているため、住吉神社は「騒音が少なくて静か」といわれています。

ゆっくり初詣に出かけたい人にオススメですよ。

こちらは住吉神社の初詣のようす。

かなりの人出があるものの、それほど騒がしい感じはありませんね。

境内はかなり広いので、お参りが終わったら本殿以外の場所もまわってみましょう。

また、住吉神社には「恵比寿神像」があり、触る場所によってご利益が違います。

・顔…家内安全

・お腹…病気退散

・腕…交通安全・技能向上

・恵比寿さまが持っている鯛…招運・商売繁盛

南門の近くに祀られているため、敷地内を探してみては?

◇住吉神社

住所:福岡市博多区住吉3丁目1-51

TEL:092-291-2670

まとめ

福岡中州から歩いていける、櫛田神社、警固神社、住吉神社の3つを紹介しました。

「初詣は一か所のみ!」という決まりがあるわけでもないので、どこに行こうか迷っている人は、周辺を散策しつつ3か所に行ってみるというのもいいですね。

今中洲でこれから行きたいと思った人におすすめの3つの神社をご紹介しました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする