7月の行事イベント

二色の浜海水浴場の2017年海開きはいつ?駐車場やバーベキューなど

「二色の浜」という名前の由来をご存知ですか?

 

この地名は砂浜の「白」、松林の「青」という2色が由来になっています。

 

海岸の美しさは、紀貫之が記した土佐日記でも紹介されているほど。昔から有名だったのですね。

 

年間およそ100万人が訪れる大人気の海水浴場があるのは、大阪府貝塚市。

 

海開きの日や設備について紹介します。

参照:みんカラ

二色の浜海水浴場の海開きはいつ?

2017年の海開きは、7月7日(金曜日)。8月31日(木曜日)まで海水浴を楽しめます!

 

公式ホームページによると、監視時間は午前9時から午後4時45分まで。

 

波がおだやかな二色の浜ですが、やはり万が一のときのために監視員がいると安心ですよね。

海の家や脱衣場は?

シャワーや脱衣所も完備されています。それぞれの設備の利用料金は以下の通りです。

 

・シャワー 300円

・貴重品預かりサービス 500円

 

シーズン中は人が多い海水浴場。海で遊んでいたら、パラソルのところに置いていた貴重品が無い!なんて事態を防ぐためにも、預かりサービスは必須ですよね。

 

また、上記ふたつと脱衣所の利用がセットになったプランもあります。

 

・シャワー、貴重品預かり、脱衣所セット

中学生以上 1,000円

3歳~小学生まで 500円

設備の利用時間は午後4時30分まで。シャワーを浴びてから帰宅する人がほとんどでしょうから、終了時刻が近づくと混雑する可能性も。

 

時間にゆとりをもって利用したいですね。

 

また、もし落し物をしたり、盗難の被害にあってしまったときは、食堂横の二色の浜観光協会事務所に相談しましょう。

 

落し物はこちらの事務所で預かることになっているため、見つかるかもしれません。

 

ただし盗難品が出てくることはほとんどないそうなので、貴重品は必ず預けるようにしましょう。

海水浴のあとはバーベキュー!

二色の浜ではバーベキューセットの貸し出しを行っています。

 

海水浴のついでに、家族や友人とバーベキューを楽しみませんか?

 

バーベキューセットはひとり1,780円。

 

コンロや網、トング、炭などを貸し出してくれるうえ、カルビや野菜、お茶までついてくるお得なプランです。

 

コンロのみの貸し出しもあります。

 

「食材は自分たちの好きなものを持参する」というときは、コンロやイスだけ借りるのが良いですね。

料金は、

・大コンロ(8人~15人用) 3,000円

・中コンロ(4人~8人用) 2,000円

・イス 300円

となっています。

 

4人から利用可能。事前に申し込み用紙へ記入し、二色の浜観光協会へ連絡する必要があります。

 

メールに申し込み用紙を添付して送信するだけでもOK!

 

こちらのページを参考にしてみてくださいね。

二色の浜海水浴場へのアクセス

<車>

約1,850台が駐車できる駐車場が用意されています。普通車は620円とリーズナブルなのがうれしいですね。

 

もし満車になっていたり、駐車場の混雑を避けたいときには、二色の浜公園入口にある民間駐車場を利用しましょう。

 

民間の場合は駐車場により料金が異なるため、事前にチェックしておきたいですね。

<電車>

南海本線「二色浜」で下車し、西方向へ1km歩くと海水浴場に到着します。

 

10分程度の道のりですから、子どもも歩けるはず。

 

電車を利用するときには、できるだけ荷物を減らしたいですよね。

 

二色の浜ではパラソルの貸し出しも行っています。砂浜で休憩するのにぴったりなパラソルは、レンタルのものを使いましょう。

二色の浜海水浴場のまとめ

景観の美しさもさることながら、石や岩が少なく、子どもが走り回っても安全なところが魅力の二色の浜海水浴場。

 

ぜひ子どもを連れて訪れたいスポットですね。

 

昭和62年には「21世紀に引き継ぎたい日本の白砂青松100選」にも選ばれているんだとか。

 

景観保護のためにも、ゴミはきちんと持ち帰り、マナーを守って利用しましょう。

 

またここでは潮干狩りもできますね。潮干狩りについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

[blogcard url=”https://kisetsu-news.xyz/kansaishiohigari”]