5月の行事イベント

2017年の潮干狩りの時期は?必要な持ち物や服装の準備は?

ファミリーでも友人同士でも、恋人とのデートでも楽しめる潮干狩り。採った貝を持ち帰り、調理して食べるという楽しみもありますよね。

人気のレジャーである潮干狩りですが、実際に何を持って行けばいいのか迷ってしまうことも多いはず。必須のアイテムと、注意点についてまとめました。

潮干狩りに持っていく物や服装!必須アイテム

日常的に使うものは少ないので、家にないときは早めに買っておくことをオススメします。

①熊手
②バケツ
③軍手
④クーラーボックス…持ち帰り用に必要です。
⑤ざる…貝はざるにあけ、洗ってからクーラーボックスに入れましょう。
⑥海水が入る容器…持ち帰る貝は海水に入れます。
⑦レジャーシート
⑧タオル
⑨着替え

子どもを連れて潮干狩りをする際は、砂浜で遊べるおもちゃを持って行くと良いです。潮干狩りに飽きてしまっても、砂場道具があればおとなしく遊んでくれるので…。

また、子どもは砂浜で座り込んだりして、服が汚れてしまう可能性も。はじめから水着を着せ、濡れてもパッと着替えられるようにしておくと楽ちんですね。

水辺に慣れている人は当然ご存知だと思いますが、潮干狩りにジーンズを履いていくのはNG。生地が水分を含んで、重くなってしまいます。

ずっとしゃがむ姿勢になるため、ローライズのズボンも避けたほうが無難。夢中で貝を採っているうちに背中が全開だった!なんていう恥ずかしい事態が起こりかねません。

またお腹が苦しくないことも考えなければなりません。ウエストがゴム製で、股上の深いものを履いていった方が無難ですよ!せっかく楽しい潮干狩りですから、格好には気をつけておくに越したことはありません!

潮干狩りをする時にあると便利なアイテム

⑩折り畳みのイス

レジャーシートの上に座るより、高さのあるイスに腰掛けたほうが負担は少なくて済みます。キャンプ用のイスなどは小さく、持ち運びも簡単です。

⑪ウエストポーチ

ポッケに鍵や財布を入れている人は、ウエストポーチで貴重品を管理したほうが良さそう。しゃがむとポッケに入れていた小物が落ちてしまうかもしれません。

潮干狩りの時期は?

潮干狩りをするのにいい時期というのは当然ありますね!それでは一体いつ行けば一番いい時期なのか調べてみました。

まずはやはり人手が多いですがゴールデンウィークというのは狙い目になります。この時期は多少寒さは残るもののやはり人が来る前ということになりますので、多く採りたい人はこの時期を狙ってみるのはいいかもしれません。

2017年のゴールデンウィークはいつから?中国や海外はあるの?

そして5月の中旬から6月にかけてという辺りは暖かさも手伝って気候的には一番良い時期だと思われます。しかしゴールデンウィークで乱獲された後だけに少しは減っているかもしれませんが(笑)

潮干狩りで注意すべきこと

潮干狩りで気をつけなければいけないのは、紫外線。太陽光をさえぎるものがない砂浜に長時間しゃがんでいると、首の後ろや腕の日焼けは避けられません。

まずは出かける前に日焼け止めを塗ります。SPFの高い日焼け止めもありますが、肌の弱い人や子どもは、かえって肌荒れの原因になることも。SPFが低くても、薄く3回程度重ね塗りするだけで効果を期待できます。

汗をかくと日焼け止めが流れてしまうので、こまめに塗り直しましょう。首や頬の日焼けを防ぐためには、ネックカバーや園芸用の帽子が便利です。安価で購入できるものも多いので、ぜひチェックしてみてください。

せっかくの潮干狩り、事前に準備を万端に整えて思いっきり楽しみたいですね。