7月の行事イベント

七夕の後の笹と短冊はどうやって後始末をする?いつまで飾ればよい?

七夕のために用意した笹と短冊。笹を飾って、短冊に願い事を書いて…そのあとはいったいどうしたらいいのでしょう?

「もう終わったからいいや!」とすぐ燃えるごみに出す人もいるかと思いますが、実はごみとして処分する以外にも方法があるんです。

使い終わった笹と短冊の処分方法についてまとめました。

笹を燃やして処分する

住宅密集地にお住いの人はむずかしいかもしれませんが、広い庭がある人や、焼却処分のための設備がととのっているという人にオススメしたいこの方法。

短冊を飾るのに笹を使う理由については諸説ありますが、じつは「笹は天に向かってドンドン伸びていく植物だから、願いを天まで届けてくれる」という説があるんです。

笹が、地上から天まで願いを届ける役目を負っているというわけですね。

これと似たような理由で「使ったあとの笹と短冊を燃やすと、煙にのって願いが空まで届く」という考え方があるそうです。

たしかに、たき火をしたときなんかは煙が天高くまで上がりますよね。もし燃やして処分できる環境があれば、試してみてはどうでしょう。

その際は、ご近所の人たちに許可をとってから実行してくださいね。

笹を川に流して処分する

地域によっては「七夕送り」または「七夕流し」と呼ばれる風習があり、七夕に使用した笹や七夕飾りを川や海に流しています。

これは、七夕発祥の地である中国の“川や海の終わりが、天の川である”という伝説によるもの。笹などについた穢れを、神様に持ち帰ってもらおうという意図もあるようです。

でも、環境保全的にはどうなんだろう…?と思って調べてみると、やはり川や海に流すことを禁止している自治体が多いそうです。ちょっと残念ですがしかたないですね。

ただ、七夕のイベントとして「七夕送り」「七夕流し」を実施しているところもあるんだとか(その場合も、きちんと下流ですべて回収しているそうです)。

川に流すというのは何かロマンチックな感じがして、きちんと後で回収するのであればやってみたい気もしますね(笑)

笹を神社でお焚き上げしてもらう

神社で処分してもらうというのは、もしかしたらもっとも信頼できる処分方法かもしれません。

ただし、全国どこの神社でもお焚き上げができるわけではないので、オススメの神社をご紹介します。

<媛社(ひめこそ)神社/福岡県小郡市>

「七夕神社」とも呼ばれるこちらの神社では、日本中から集められた短冊(短冊が飾られた笹も)をお焚き上げしてくれます。

依頼したいという場合は「七夕の里振興協会」へ連絡を。

笹はともかく「子供が書いた短冊は手元に残しておきたい」というケースもあるかと思います。そういうときは短冊だけ自宅に保管したり、カメラで撮影してデータを残しておくと便利ですよ。

七夕の笹はいつまで飾っておく?

意外と知ってるようで知られていないのが、七夕の笹を飾っておく期間ですね。実は七夕の笹というのは本来一夜限りだけのものなんですね。

つまり飾り始めるのが7月6日の夕方に飾り、早いところでは7日の朝、遅いところでも7日の夜には取り外すのが普通だそうです。

言ってみればクリスマスみたいなものですね。クリスマスはその日までの盛り上がりが七夕よりも凄いですが(笑)

まとめ

七夕の後片付けの方法を色々と見てきましたが、やはり楽しんだ後にはきっちりと片付けることが必要ですね!

お子さんがいる家庭では、「後片付けまでが七夕だよ」ということで楽しまれるのもよいかもしれませんね!