7月の行事イベント

七夕の願い事のランキングは?短冊に書いてある願いが面白いものが!

7月7日の七夕が近づくと、あちこちで笹の葉に飾られた短冊が目に入ります。

幼稚園や学校でも、子供たちに短冊を書かせ、教室に飾ったりしますよね。私も小さい頃は、よく母と一緒に短冊を書きました。

いろいろとお願いしたいことはあると思いますが、世間の人々はいったい何をお願いするのでしょう?

2016年に行われた調査をもとに、ランキング形式でご紹介します。

七夕の願い事は何が多い?ランキング形式で見ていく!

<第5位> 世界平和

スーパーなどで飾られている短冊を見ていると、よく目にするのがこちら。自分のことだけじゃなく、世界の平和を願うとは立派です。

たしかに世界中が平和になれば、自分の悩み事も解決するのかも…?

<第4位> 頭が良くなりますように・勉強ができるようになりますように

苦労して勉強せずとも、良い成績を残せたり、志望校に合格できればこんなにラクなことはないですね。学生に多そうな願い事です。

<第3位> 宝くじが当たりますように・お金持ちになれますように

定番の願い事「お金持ちになりたい!」が第3位にランクイン。

宝くじは自分の努力ではどうこうできないことなので、短冊に書きたくなる気持ちもわかります。

第2位と第1位は一度にご紹介しますね。

七夕の願い事で1位と2位は?

<第2位> 自分が健康で1年過ごせますように

<第1位> 家族が健康でありますように

家内安全と、無病息災を願う人が一番多いという結果になりました。

初詣でもこのふたつを願う人はたくさんいそうですね。もともポピュラーな願い事ということになります。

※参考 http://chosa.nifty.com/season/chosa_report_A20160715/

短冊にはこう書こう!正しい願い事のやり方

短冊に、ただ漠然と「楽しく暮らしたい」とか「恋人がほしい」と書いていませんか?

もともと七夕は、手芸の上達を願う中国の風習が由来。

つまり、あれが欲しいこれをしたいと願うよりも「○○がうまくなりますように」と願い事をするほうがベターなんです。例えるなら料理や絵画、スポーツなどでしょうか。

子供がいる人は、一緒に願い事を考えるのも楽しいですよ。

きちんと天に願いが届くよう、短冊は正しく書いて飾りたいですね。