7月の行事イベント

天神祭奉納花火は有料席がいい!観覧席が超おすすめな理由は?

東京の神田祭、京都の祇園祭と並んで、日本三大祭りの一つに数えられる、大阪の天神祭。その最後を締めくくるのが、天神祭奉納花火です。

1000年以上続く由緒あるお祭りで、約100隻の大船団が焚くかがり火と、約5000発の花火が、大阪の夜空を明るく彩りますよ。火と水のコントラストがとても綺麗な花火大会です。

天神祭奉納花火の開催日/場所は?

天神祭は、毎年7月24日、25日に行われています。ギャル神輿などで関西だけでなく全国的にも有名になっている天神祭りですが、花火大会が行われるのは、天神祭のクライマックスですので、25日の19時~21時頃までの予定です。

雨天決行、荒天中止で、順延のない花火大会ですので、天候が良いことを祈るばかりですね。花火の打ち上げ場所は、毛馬桜ノ宮公園と川崎公園で、川を挟んで対岸同士でそれぞれ趣のある花火が打ち上げられますよ。

天神祭奉納花火の見どころは?

オリジナルの仕掛け花火が多いのが、天神祭の花火大会の大きな見どころです。菅原道真を祀る天神様にあやかって、「紅梅花火」が打ち上げられますので、大阪の夜空が紅く綺麗に色づきますよ。

また、仕掛け花火の中でも、文字が夜空に浮かび上がる「文字仕掛け花火」も天神祭の花火大会の見どころとなります。文字仕掛け花火は、川崎公園から打ち上げられますので、対岸から見ると綺麗に文字が見えますよ。

天神祭奉納花火の有料席の場所とお値段は?

大阪ふれあいの水辺特設会場に毎年有料席が設けられていますよ。テーブル席は1テーブル4名で22,000円です。ソフトドリンク4本とオリジナルレジャーシートがついてきます。

砂浜の自由席は、1人4,000円で、ソフトドリンクとオリジナルレジャーシートがつきますよ。自由席は、オリジナルレジャーシートを使えば、事前の場所取りも可能です。

6月1日から予約が可能になっていますので、観に行こうと思っている人は早めの予約を!なんでも早いうちにしておく方がよいですからね!(笑)

 

帝国ホテルや大阪リバーサイドホテルのレストランでは、毎年天神祭の花火大会を観覧するための特別メニューが設けられます。ゆったりと美味しい食事をしながら見たい人は、ホテルを予約しておくのも良いですね。

有料席とは違いますが、天神祭奉納花火では協賛金5,000円を支払えば、文字仕掛け花火を一般の人でも打ち上げることが出来ますよ。記念日などのサプライズにおすすめですね。

観覧席を取っておけば、大切な人と行くのに人ごみの中で見なくてよくなります。そして文字仕掛け花火なんてすれば一生の思い出になりますよ!

天神祭奉納花火を無料で楽しむ穴場スポットは?

大川に架かる橋は、無料で天神祭の花火大会を見られる穴場スポットです。源八橋と桜宮橋、川崎橋は、多くの見物客で賑わう場所です。

桜宮駅から近い源八橋は、特に多くの人が集まります。混雑を避けて花火大会をゆっくり見るなら、都島橋がおすすめですよ。

花火大会の大迫力の光と音を楽しみたい人には、大阪アメニティパークへ行ってみてください。川を挟んだところが打ち上げ場所ですので、至近距離で大迫力の花火が見られます。

人混みを避けたい人には、藤田邸跡公園がおすすめです。仕掛け花火が見えにくいという場所的なデメリットはありますが、見物客が少ない場所なのでゆっくりと花火大会見物が出来ますよ。

天神祭奉納花火まとめ

関西の中心部、大阪のど真ん中で行われる花火大会ですので、花火大会を見ようと多くの人が集まります。

交通の便も良いため、関西どこからでも比較的簡単に見に行けるんですよね。当日は、電車の大混雑は必至ですので、その点も考慮しておくと良いでしょう。

車で行く場合は、16時過ぎには到着出来るよう時間を計算してくださいね。天神祭の開催地付近では、16時を過ぎる頃から交通規制がかかりますよ。

街中で行われる花火大会ですので、多少歩くのも苦になりません。混雑を避けるなら、少し離れたところに車を停めて歩いて会場へ向かうのが良いですよ。