7月の行事イベント

2017天神祭の花火の日程や時間は?穴場やチケットの入手方法など!

東京の「神田祭」、京都の「祇園祭」…そして大阪の「天神祭」といえば、知らない人はいない有名なお祭りですよね。

2017年祇園祭の山鉾巡行は?日程やスケジュールを確認!

この天神祭のクライマックスを飾るのが「天神祭奉納花火」です。

例年、平均して120~130万人が訪れるともいわれているこの花火。2017年の日程など「天神祭の花火が見たい!」という人のための情報をまとめました。

2017年天神祭の花火はいつ?時間は?

《日程》 2017年7月25日(火曜日)
《時間》 19:00~21:00
《打ち上げ数》 約4,000発
《備考》 雨天決行 ※荒天の場合は中止(順延なし)

荒天なら中止のようですが、雨天決行のため雨具を持って行くと良いかもしれません。

花火のオープニングは「紅梅花火」。

天神祭を行う大阪天満宮に祀られた菅原道真公は、梅を愛したことで知られています。

そんな道真公にちなんで、梅の形にひらく紅い花火が上げられるようになったとか。

ちなみに「紅梅花火」は天神祭でしか見られません!必見ですね。

そのほか、大量の花火が短時間に上がる「スターマイン」や、企業名などの仕掛け文字花火が上がることでも話題になっているようです。

天神祭の花火はどこから見るのがよい?

基本的には、大川の河川敷から見るのがベスト。高層ビルに花火がさえぎられることもありません。

とくにオススメなのは「桜ノ宮公園」です。ここならどこからでも花火を見渡せるとのこと。

しかし、その分かなりの人気スポットでもあります。もし桜ノ宮公園で花火を見るなら、早めの場所取りが肝心ですね。当日の16時頃には場所取りをはじめる人が多いようです。

また、よく“穴場スポット”として挙げられる梅田ですが、スカイビルから見ると花火はかなり小さいです。

チラッと見るだけでいいという人には良いかもしれませんが、動画や写真で花火を撮っておきたい人には不向きのスポットと言えます。

天神祭花火は事前予約もあります

場所取りに奔走しなくとも、事前に有料観覧席のチケットを取っておけば安心です。

場所は大川沿いの、大阪ふれあいの水辺。場所的には花火を見るのに絶好のスポットではないでしょうか?

・テーブル指定席…1テーブル22,000円

・砂浜自由席  …1人4,000円

砂浜自由席はレジャーシートが付いているのがうれしいですね。

天神祭奉納花火は有料席がいい!観覧席が超おすすめな理由は?

テーブル席は少し高いかもしれませんが、子供さんとの想い出作りのために少し奮発してみては?(笑)

天神祭の花火まとめ

河川敷はかなりの人出が予想されます。

もし小さい子供が一緒なら、はぐれないように手をつないだり、抱きかかえて連れて行くことをオススメします。もし迷子になったときのために、子供の服に自分の携帯番号を付けておくのもいいですね。

また、待ち合わせするなら天満や桜ノ宮での現地集合は避けたほうが無難。大変な混雑でヘトヘトになってしまいます。

梅田・難波などで合流して、会場に向かいましょう。

花火を見に行こうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。