8月の行事イベント

山の日はなぜ8月11日か?作られた由来や英語では何という?

一年を通して祝日がある日本でも、6月と8月は祝日がありませんでした。

そんな中、2016年(平成28年)から施行された山の日。制定が決まったときにはずいぶんと話題になりましたね。

お休みが増えるのはうれしいですが…結局のところ、山の日って何のために制定されたのでしょう?

今回は、祝日のニューフェイス「山の日」についてご紹介します。

2017年の山の日はいつ?

山の日は、海の日のように「○月×日の第△曜日」というものではなく、毎年8月11日と決まっています。

今年の8月11日は金曜日。暦通りに働いている人は金・土・日と3連休を取得できるだけでなく、ちょうどお盆の時期とも重なるため、うまく休めば大型連休にもなりますよ。

山の日の趣旨は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことと祝日法で定められています。

しかし!実は8月11日に山に関する出来事があったとか、歴史的な何かがあったわけではないんです。いったいどういう経緯で決まった祝日なのでしょうか。

制定までの道のり

祝日制定に向け、2013年春「山の日制定議員連盟」が発足しました。「山の日を祝日にしよう」という動きが日本山岳会や自然保護団体などのあいだで活発になっており、その意見を受けて設立されたようですね。

日にちについては、

・6月上旬

・海の日の次の日

・お盆前

など、いくつかの案が提示されていました。

6月に祝日を作る案もあったんですね!たしかに、現行の祝日法では5月5日の子どもの日が終われば、7月の海の日まで祝日がありません。6月にはお盆のようなお休みもないですからね。

そんな中、有力候補として挙げられていたのが8月12日。お盆休みと続けて休めるというのが理由でした。

しかし、8月12日といえば1985年(昭和60年)に日本航空123便墜落事故が起きた日です。国内で起きた航空事故のうち、最大の死者数を出した悲惨な事故でした。そして墜落現場は御巣鷹の尾根であり、「山」を連想させます。

このことから「墜落事故が起きた日を、山の日としてお祝いするのはいかがなものか」と懸念を示す議員が現れ、最終的に8月11日が山の日と決まったのです。

親子で学びたい“山暮らしスキル”

山の日には各地でさまざまなイベントが開催されますが、とくにオススメしたいのが「山存フェスタ」!山梨県の清里の森で催されるお祭りです。

山存フェスタの趣旨は、山暮らしをする際に必要なスキルを学ぼうというもの。DIYや家庭菜園などを、プロが本格的に指導してくれます。

子ども向けにスタンプラリーや高所作業車の乗車体験などもあり、親子で楽しめること間違いなし。夏休みの宿題にもいいですね。

予約は不要、そして無料で参加できます。

◇山存フェスタ 2017

開催日時:2017年8月11日(金) 9:00〜15:00

会  場:山梨県北杜市高根町清里3545-1 清里の森

URL:http://tennyosan.com/yamazone/festa.html

山の日は英語でいうとどうなるか?

山の日を海外の人に説明するには英語で説明しなければいけません。

最近海外客が多い日本ですから当然ですよね。

山の日の英語が「Mountain day」だそうです。そうです、そのままですね(笑)

ただ由来を聞かれるとちょっと困りますよね。6月に制定していれば、そんなに困ることはなかったかもしれませんが。

おわりに

制定に至るまでの経緯を見ると、山を愛する人々の熱意があって誕生した祝日という印象ですね。私も海より山派なので、今年の8月11日はどこかの山へ観光に出かけようかな?と思います。

ご紹介した山存フェスタは、フリーマーケットも同時開催されるんだとか。きちんと管理できていれば犬を連れて行ってもOKですし、おむつ替えや授乳スペースも完備されているため赤ちゃんと一緒に参加しても大丈夫。

土日前の祝日ということもあり、山存フェスタに限らずたくさんのイベントが開催される見込みです。家族や仲間と出かけて、山に親しみ思い切り楽しめる1日にしたいですね。