ファッション

正しい浴衣の着方とは?男と女で違う?ワンタッチ帯が便利!

お祭りや花火大会など、浴衣を着る機会が増える夏。

普段とは違う格好で出かけると、なんだかテンションが上がりますよね。

しかし、着方を間違えると、一気にだらしない印象になってしまう浴衣。見た目が悪いだけでなく、適当に着付けると歩いているうちにはだけてしまうかもしれません。

正しい着方をマスターして、今年の夏は浴衣姿で楽しみましょう!

浴衣って右が上?左が上?

浴衣や着物を着付けるときに迷うのが、衿の合わせ方。

毎回「どっちだったっけ!?」と混乱してしまうあなたのために、正解をお教えします。

ずばり、浴衣は「右前」が正しい着方。「右前」とは自分から見て右の衿が身体側に、左の衿が外側になることです。

前と呼ぶのでややこしいですが、この場合は「前=先に」という意味。右の衿を先に合わせ、その上から左の衿を被せるように着ましょう。

また、「男性は女性と反対の衿を合わせる」と言う人がいますが、それは間違い。和服の場合は、男性も女性もみんな「右前」です。

カーディガンやコートのような洋服は、男女で合わせ方が逆なので、混同してしまわないように。

自分で着付けて帯はワンタッチで!

お祭りや花火大会に行くのに、いちいち着付けてもらうのはちょっと面倒…というときに、自分で着付けができたら楽ですよね。

浴衣の着付けは意外と簡単。手順さえ守れば、違和感なく着付けることができちゃうのです。

①まず着るのは肌襦袢。着崩れや、浴衣に汗ジミができるのを防いでくれます。

②浴衣を羽織り、くるぶしが隠れるくらいの高さに裾を揃えます。

③腰紐を結びます。右の腰骨の上に腰紐の中心を当て、後ろで交差させてから脇で結びましょう。

④次はおはしょり。横から手を入れて、布の内側から整えます。

⑤衿元も整え、2本目の腰紐を結びます。③と同じ要領で結べばOK!

⑥全体のシワを伸ばします。背中部分も念入りに。

⑦腰紐を隠すように伊達締めを。伊達締めの中心を前に持ってきて、後ろで交差させて前で結びます。

…と、これで帯を結ぶ直前まで完成しました。

帯はさまざまな結び方があるのですが、手軽にワンタッチ帯で済ますこともできます。ゴムのベルトで調整するため、一人でも簡単。

初心者には断然ワンタッチ帯がオススメです。

お出かけ前に鏡で浴衣の着方を最終チェック!

・衿が左前(右の衿が上)になっていないか?

左前は、死装束と同じ合わせ方。間違えないように気をつけましょう。

・首や胸のあたりが苦しくないか

「絶対はだけないように」と、衿をきつく合わせる人がいます。実は、腰紐さえきちんと結べていれば、着崩れることはそうそうありません。

首元はゆったりと、胸元は布地が張りすぎないのが美しい着方です。

・おはしょりは整っているか

意外と目立つのがおはしょりの部分。自分できれいに整えられない人は、おはしょり芯などのアイテムを使ってみましょう。

・足元もコーディネートできているか

当たり前ですが、浴衣にスニーカーやブーツはNG!どんなに着付けがばっちりでも、一気に残念な雰囲気になってしまいます。

王道はやはり下駄。

ただし、最近ではサンダルを合わせる人も多いようです。手持ちのサンダルでコーディネートできたらうれしいですよね。

他にももっと底の厚い厚底サンダルなど、今の時代に合わせたコーディネートをしてみてはいかがでしょうか?

ビーチサンダルで行く人もいるようですから、色々と合わせてみてはいかが?

浴衣の着方まとめ

浴衣の着付けは面倒くさいイメージがありますが、こうして見ると自分でもできそうですね。

私も、今年はひさしぶりにタンスの奥にしまってある浴衣を着ようかな?と思います。

一度覚えれば、友人や子どもに浴衣を着せてあげることもできます。着付けに苦手意識を持っている人は多いので、頼りにされること間違い無しですよ!